郵送費コスト削減・レターパック・切手・はがきの激安販売

4f7dc11eaea42f251ecb0c3396472053_s
b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s
anotのDM施策、レスポンス率は1%でした!
2017/04/26

こんにちは、anotの矢口です。

弊社のマーケティングを考える際にターゲットとなるのは、「郵送物を多く出している企業」です。発送代行業界はもう何年も値下げ合戦が繰り広げられており、クライアントさんの多くが「ウチの方がもっと安くなりますよ!」という営業をたくさんうけているとのこと。私自身もテレアポをすると「よくそういう話をいただくのですが・・・」とちょっと迷惑そうな雰囲気を感じこともしばしば。特にDMを多く出している通信販売業界さんはなかなかアポイントをいただくことが出来ません。

そこで、餅は餅屋ということで、やってみましたDM施策!

【ターゲット】

通信販売会社様

【オファー】

10社様限定で宛名印字・区分・差出作業費無料

【ポイント】

①手書きの送付状

②1枚ずつ切手を貼る

③実績数値を記載

ターゲットは、テレアポではなかなかアポをいただけない通信販売会社様。オファーは思い切って一部の作業費を無料にしました。ただでさえ薄利多売のこの業界で作業費を無料にすると利益がかなり減ってしまいます。しかし、通信販売会社様は年間を通してコンスタントにDMを出していることがほとんど。リピーターになっていただけるのであれば採算は合うと判断しました(LTV重視!)

そして、ポイントにしたのは「手作り感」と「実績」です。相手は、普段よりDMで売上を作っている方なので目が肥えていると判断。キレイでキャッチコピーが目立つものより手書きや切手で「あなたに宛ててます!」感を大切にしました。また、まだ会社を立ち上げて日が浅いため、きちんと実績があることもアピールしました。具体的には、この1年間で平均何%の削減をしたか、何社のクライアントさんが取引をしてくれたのかを書きました。

その結果・・・レスポンス率1%!!!

テレアポでなかなかアポが取れなかったので、正直レスポンスがないことも考えていました。それだけにこの結果にはとても驚いています。また、一般的には1,000枚のDMやチラシに対して3人が反応すると言われており、レスポンス率は0.3%というような基準があるのですが、それと比べても良い数字です。

今後もターゲットのクライアントさんごとに色々なDM施策を行いたいと思います!
DMはまだまだ有効な手段のひとつ。みなさんも是非お試しください!

Pocket

一覧へ戻る